【参考までに!】我が家のトイレットペーパーを選ぶ基準4選。シングル?ダブル?

京都の片隅からこんばんは、ぽっぽです。

トイレットペーパーに悩む人

トイレットペーパーがなくなりそう!たまには違うタイプを買ってみようかな〜。よそさんはどんな基準で買ってはるんやろ?

この記事はこんな悩みを持った方向けです。

よそさんのトイレットペーパー事情なんて需要あるのか?と思う方もいるかもしれませんが、私は気になり
ます。めっちゃ、気になります。

「ウチよりええのん使ってはるんかな〜?」とか、「いつも同じのん買ってはるんかな?」とか。

ウチよりいいの使ってるなら、何を使っているのか。たまには違うのを買いたくなるのか…。

今回は『人様のトイレットペーパー事情を聞くなら、まず自分から話しなさい!』という天の声を受けて書きます。

それでは行ってみましょう!

目次

我が家のトイレットペーパー選びの基準4つ

我が家では現在、以下のタイプのトイレットペーパーを使っております。

●シングル
●パルプ100%
●無香料
●エンボス加工有り

それぞれのメリット、デメリットをご説明します!

シングルのトイレットペーパーのメリット

シングルのトイレットペーパーのメリットといえば、やはり単純にコスパがいい!ことです。

全国家庭用薄葉紙工業組合連合会の調査によると、1回の使用量は

シングルの場合→小便時89cm、大便時177cm
ダブルの場合 →小便時60cm、大便時146cm

という結果が出ています。

ぽっぽ

シングルはダブルの2倍使うのかと思ってた!

シングルは1枚でもしっかりと拭けるように紙が厚めになっているのです。

長さも、同じような重さでもシングルの方が長いためコスパがいい、というわけです。

コスパといえば関西ではシングルが53%、ダブルが46%という数字が出ているそうです(王子ネピア2019年度販売数より)。

全国的にはシングルが32%、ダブルが66%とダブルが優勢なので、一説によるとこれは関西人の「おトクなものがものが大好き!」という商人魂が絡んでいるとか、いないとか。

なんかわかる気がする 笑

シングルのトイレットペーパーのデメリット

シングルのトイレットペーパーのデメリット、それはズバリ拭き心地は微妙というところです。

紙が厚めな分、繊細さには欠けます。

柔らかさを求めるなら、その分多く巻き取らないといけなくなります。

それではコスパの面で本末転倒になってしまいますね。

他にも紙が厚め、といってもダブルの厚みには負けるので巻き取る際にちぎれやすいです。

欲しい長さを出す前にビリッ…なんてこともまま、あります。

慌てていたり、濡れた手で触ったときにもすぐに破れてしまうので、せっかちな人には不向きかもしれません。

パルプ100%のトイレットペーパーのメリット

パルプ100%のトイレットペーパーのメリットは肌触りがいいことです。

木材から直接得られたパルプ(植物繊維)を使っているので質が高く、柔らかいのです。

再生紙と比べて白さが際立ち、清潔感があります。

ぽっぽ

確かに再生紙タイプはちょっとゴワゴワするし、黒っぽかったなぁ

パルプ100%のトイレットペーパーのデメリット

パルプ100%のトイレットペーパーのデメリットは環境に優しくない、価格が高い、ということです。

パルプの原材料は木材です。その木材を得るために、世界中の森林がどんどん伐採されています。

トイレットペーパーは他の紙製品と違い、トイレに流すと二度とリサイクルして使うことができません。

そのトイレットペーパーに貴重な森林資源を使うのはもったいない、というわけです。

価格もモノによりますが、再生紙タイプより若干高い傾向にあるように思います。

無香料のトイレットペーパーのメリット

無香料のトイレットペーパーのメリットは、他の香りとケンカしない!です。

我が家ではトイレに別に芳香剤を置いているので、もう他の香りはいらない、というだけなのですが。

いい香りのものでも、あまり何種類もごちゃごちゃと混ぜない方がシンプルでいいかな、と思います。

無香料のものなら香りが苦手、という人でも安心して使えます。

無香料のトイレットペーパーのデメリット

無香料のトイレットペーパーのデメリットは、香りがしない!

以上です(`・∀・´)キリッ

そのまんま過ぎますが、トイレに芳香剤や消臭スプレーなどを置いていない場合は、何か香りがないと物足りないかもしれません。

「トイレに芳香剤などのものを増やしたくないけど、いい香りは欲しい」

「すでに他の芳香剤を置いているけど、もっと香りが欲しい!」

という人には無香料より香り付きのトイレットペーパーがオススメです。

エンボス加工のトイレットペーパーのメリット

エンボス加工のトイレットペーパーのメリットは、紙が柔らかく、便が拭き取りやすい、ということです。

紙の表面に凹凸の模様が浮かび上がるように加工されているので、クッションのようにふわふわとした手触りになっています。

また、紙の表面積を増やすことにより吸水性を高めています。

この吸水性が高いことにより、柔らかい便でも拭きやすくなっているのです。

ぽっぽ

下痢の際の便は80~90%が水分になるので、エンボス加工のものだと拭き取り効果はアップしそうです!

エンボス加工のトイレットペーパーのデメリット

エンボス加工のトイレットペーパーのデメリットは、価格がやや割高であることです。

エンボス加工は突起のついた型を紙に押し付けて型の表面を浮き上がらせ、凹凸を作るというものです。

何も加工がないタイプより手間がかかっているため、その分少し割高になるようです。

私の理想のトイレットペーパーは「ネピネピのトイレットロールシングル」!

以上の点を踏まえて我が家では

⚫︎コスパがいいもの=シングル
⚫︎肌触りがいいもの=パルプ100%
⚫︎香りをごちゃつかせたくない=無香料
⚫︎シングルでも柔らかいのがいい=エンボス加工のもの

のトイレットペーパーを選んでおります。

そんな中、私が今までで一番「これはいいトイレットペーパーだ」と思ったのはこちらのネピアの『ネピネピ トイレットロールシングル』です。

Yahoo!ショッピング公式サイトより

シングル!パルプ100%!エンボス加工に無香料!

まさに私の理想の詰め合わせパックや〜!!(誰)

一度浮気して別の安いシングルのトイレットペーパーにしましたが、薄くてすぐ破れる…。めっちゃイライラしました。

しかしこのネピネピのシングルは簡単には破れない!

適度な厚みもあって、シングルながら性能は十分だと思います。エンボス加工でふんわりしてますしね。

一人暮らしの時はダブルを使っていた時期もあったのですが、結婚してから職場の人に

「シングルの方が経済的ですよ(ドヤァ)」

と言われてからシングルにしました。すぐ影響されるんやから。

ここで突然の自分語り、始まります

私の実家はもともとシングルのトイレットペーパーを使っており、私も独立してからは当然のようにシングルを使っておりました。

ところがどっこい、30代に入った頃に同じく一人暮らしをする下の弟の家に遊びに行った時のことです。お手洗いを借りた際にトイレットペーパーをよく見ると

ぽっぽ

こ…こやつダブルを使ってやがるッ…!!

そうです。同じくシングル派のトイレットペーパーで育ったはずの弟が、なんとダブルを使っていたのです!それも可愛らしいプリント付き!その衝撃たるや、筆舌に尽くし難いほど。

ともかく謎のショックを受けた私はそれから紆余曲折を経てダブル派に改心し、以後数年ダブルのトイレットペーパーを使うことになるのです。

ついでに言うとこの後実家に帰ったら、実家もダブルになっていました。もう何やねん。

いかがでしたでしょうか?トイレットペーパーもなかなか奥が深いですね。

毎日何気なく使っているトイレットペーパーですが、毎日使うものだからこそ、たまにはこだわって探してみるのもおもしろいと思います。

きっと

「これこそ私が求めていた究極のトイレットペーパーだ!」

というものが見つかるかもしれません。

今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです!

ほなまた次回、お会いしましょう〜♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

京都の片隅に住むミドル30代。ヒゲの素敵な夫と息子と暮らしています。
好きなものはバイクと銭湯、古民家。将来の夢はピンクのスーパーカブでお遍路さんを廻ること。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる