産後の手続きに追われて。時間は待ってはくれない!

京都の片隅からこんばんは、ぽっぽです。夫はんが休みの日、ちょびっとだけ息子ちゃんを預けて外に散歩に出かけました。

出産前にウロウロしていた小道ではすっかり桜の花の影もなくなり、青々とした葉っぱの間にさくらんぼがなっていました。なんか…固そうやけど。

思わずお腹をなでて赤ちゃんに「実がなってるよ~」と話しかけそうになってハッとしました。

ぺたんこになったお腹。

そっかー、もうお外に出たんやもんね。嬉しいけれどちょっぴり寂しくなったお腹…。

残されたのはぷよぷよに伸びた皮と自ら蓄えたお肉たち。

せっかく外に来たけれど、さっさと用事を済ませて帰ろう。

目次

出産にまつわる手続き。役所に出すものは?

しばしの間感傷に浸っていましたが現実にはやらなきゃいけない手続きに次ぐ手続きにげんなりしております…。ひとまず急ぎ(出生後15日以内)で役所に出すものとしては

●出生届

●児童手当申請書

ですね。出生届は病院でもらいましたが父母のどちらかが出さないといけないので、夫はんに走ってもらいました。

京都市オリジナルの出生届、可愛いです♪

京都市公式ウェブサイトよりhttps://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000189896.html

児童手当は私の口座に振り込んでもらうことにしていたので、出産前に申請書を市のHPからダウンロードして必要なもの(受給者の健康保険証、振込先の通帳のコピー)を貼って準備していました。

これも出すだけでOKです。

しかし後から気づきましたが、これマイナンバーカードがあればオンラインでも申請できたんやないか…。そしたらコピー代とかいらんかったんちゃう⁇

モノによっては郵送で送るものもあるそうですが、簡単に手続きできるならそっちの方が良かったですね…。

せっかくオンライン化の波がきてるんや。次からはちゃんとチェックしよっと。

赤ちゃんの入院費用にびっくり仰天!

入院にまつわるお金の面での手続きは

●出産育児一時金

●子ども医療費の申請

●扶養(健康保険加入)の手続き

が必要でした。

私が入院した病院では出産費が初産婦で約¥490,000~(病院のHPより)とありました。

出産育児一時金¥420,000を使えば差額の¥70,000とプラスで個室代¥1,100/1日×6日分を払えばいいかな~と思っていましたが、実際の支払いは¥61,000で済みました。

直接支払い制度を使ったので病院で書類をささっと書くだけで、あとは差額を払って終わり。

いや~思ったより安く済んでラッキーやわ~♪なんて思ったのも束の間、もう一枚書類が…

「ベビーちゃんの入院費が¥240,000になります」

「…マジで?(@_@)」

あまりの驚きに目玉が飛び出してどっか行くところでした。

¥240,000て!払えん金額やないけど!えっらい費用かかるな!と一瞬あたまが真っ白になりましたが、よくよく話を聞くと京都市の子ども医療費の受給の申請をすれば良いとのこと。申請すれば今回の入院費は

入院費 ¥200/月(市内在住)

食事代(ミルク代)¥1,380/日

自費分(K2シロップ代)¥50/本

で済むそうです。あ、ありがたや~~。さっそく申請を…と思ったら、子どもの保険証が要るという罠?にハマってしまいました。あー!そうやったーー‼️

とりあえず子どもの入院費は先延ばしにしてもらい、急いで本社に問い合わせて扶養に入れるための書類を送ってもらいました。

諸事情で私の扶養に入れることにしたのでワタワタと必要事項を記入して送り返しましたが、中に

●身上異動書

も入ってたなぁ。これを書けば会社から出産祝い金(¥10,000)が出るぞ、やったね☆¥10,000と言わず、もうちょっとくれてもいいんですよ?(どあつかましいわ)

それにしても100%自費の恐ろしさよ…。3割自己負担に慣れすぎて、公的保険のありがたさを忘れていました。人はこういうときに「保険があって良かった~」と思うのでしょうね。

会社員の特典、出産手当金

急ぎの手続きを一通り終え、残りといえば目下

●出産手当金

の申請です。

これもあらかじめ本社から申請書を取り寄せていました。あとは出産した病院のサインがいるというので一筆書いてもらうだけで良いのです。

だいたい給与の3/2×産前産後の約3ヶ月分貰えるということで、これは会社員の保障の手厚さに感謝ですね。一筆書くのに7~10日ほどかかるそうなので、しばし待ちます。郵送してくれるのがこれまたありがたい。

申請しても入金自体は数ヶ月先になるようなので、それまで質素倹約に努めて無駄な浪費がないようにしなきゃ。なるべく貯金を削りたくないので(^^;

一応産休明けで職場復帰する予定で計算していますが、もし保育園に入れなかったらまた改めて育児休業給付の申請もしなあかんな〜。

他にも将来の学費やお宮参りをどうするかとか、決めることはいっぱいありますな~。

あんまりにもたくさんあり過ぎると煮詰まった作家のごとく、頭を掻きむしって「キーーッ‼️」となってしまうので、どこかで聞いた「物事の細分化」をして問題を一つずつ、自分のできるところまで細かくして解決していこうと思います。

となるとまずは保育園か〜。息子ちゃんはどんなところがいいかな?家からの距離はもちろんですが、のびのび楽しく過ごせるところがいいですね。割とマイペースにお育ちなので 笑

ほなまた次回、お会いしましよう〜♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

京都の片隅に住むミドル30代。ヒゲの素敵な夫と息子と暮らしています。
好きなものはバイクと銭湯、古民家。将来の夢はピンクのスーパーカブでお遍路さんを廻ること。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる