長年貯めてきた小銭を入金。はてさて、いくら貯められたでしょうか?

京都の片隅からこんばんは、ぽっぽです。

いつから貯めているのかわからない500円玉(くまもとスイカの貯金箱の方)と100円玉(100均のアルミ缶)…。いつかは口座に入れないと!と思っていましたが、思い付きでやっと銀行口座に入れてきました。

目次

小銭貯金の必須アイテム、貯金箱

いつからかわからない、といいつつも多分貯め始めて5年くらいは経っているのではないでしょうか。というのも500円玉貯金の方の貯金箱は、友人から誕生日プレゼントで頂いたものだからです。それが多分5年前(友人Sよ、違ったらごめん)。

この貯金箱は段ボールの上部分のお皿にお金を置くと音楽と共にくまモンが出てきて、お金を手で中にさらっていくというものでした。

そのくまモンの動きが可愛くて、せっせと500円玉を作り出してはくまモンに与えていました。

100円玉の貯金箱の方は昔一回空けているのですが(何でかは忘れた…)、そのまま利用し続けるという荒っぽい使い方をしていました。そこは買い替えないのか。

逆にギザギザ部分が取り出す意思をなくしてくれてちょうどいい…くらいに思っていたかも 笑 

こちらの中にはなぜか千円札や五千円札、一万円札まで入っていました。少々ポリシーに反しますが、お金はお金なのでありがたく口座に入れさせて頂きます。

いざ入金。総額おいくら?

小銭は枚数が多すぎてそのままATMに入れられないので、近くのゆうちょに持ち込みました。

自分の口座に直接入金すれば数える手間もいりません。貯金箱ごと持っていくのはダルいので、袋に入れて。

し●むらの袋に入れられた可哀想な小銭たち。

ぽっぽ
ぽっぽ

すみません、小銭を口座に入れたいのですが…(ドンッ!)

ゆうちょの人
ゆうちょの人

わかりました。こちらのご入金票を書いて少々お待ちください

こんなに重たくて袋詰めの小銭を出したのに、丁寧に対応してくれるゆうちょの人…優しい。金額だけ書かずに名前等を書きます。

しばらく待つと名前を呼ばれ、いよいよ貯金額の発表です。ダララララララ…ジャン‼️

「¥77,200になります」「うっひょー♪思ったより貯まってる~⤴︎⤴︎」

まぁ言うて¥50,000くらいじゃない?と思っていたので、これは嬉しい誤算!お札が¥18,000分あったということですね。

いそいそと先ほどの紙に金額を書いて、無事入金を済ませました。金額の増えた通帳を見てニンマリ。たかが小銭、されど小銭。

空っぽになった貯金箱はちょっと寂しいですが、これで出産前の心残り?がひとつ片付きました。

小銭で一番好きな種類

今でこそ普段のお買い物はキャッシュレス化に移行しつつありますが、本来私は現金が大好きです。

特に諭吉さんではなく、500円玉が好きなのです。いや諭吉さんももちろん大好きですが。

子どもの頃って、500円玉が大金に見えませんでしたか?

子どものお小遣いといえば小銭。その中で最強の数字を誇る500円玉。

今でもお財布の中にあると、ひときわ輝いて見えます。500円玉さえあればお菓子も買えるし、ジュースも買える。もうなんでもできる!くらい頼もしく思っています。

できるだけ使いたくなくて、大事に大事にしまっている。

けれどいずれ別れの日はやってくる…。その時の悔しさというか残念さったら!「ゔゔっ…ぅゔゔ…」と心の中で血の涙を流す思いで手放しております。

ぽっぽ
ぽっぽ

私に…私にもっと他の小銭があれば…!

なんて、あたかも強敵を前に己の無力さに打ちひしがれる漫画の主人公のよう(大袈裟な)。

それくらい500円玉が好きってことです。

他にもあるかも、小銭の魅力

他にも魅力的な小銭といえば昭和64年の硬貨とか、自分が産まれた年のものとかでしょうか。見つけてはひとしきり珍しがって、そのあとあっさり使ってました。

ギザ十とかいうのもありましたね~。あれ、ときどき自販機でハジかれてたような。珍しいけど使い勝手は良くない( ̄▽ ̄;)

最新のピカピカの小銭も良いですね。まだ汚れを知らないっていうか単純に綺麗なので。

おさい銭にはやはり五円玉を使いたいところです。五円=ご縁といいますし。

特に婚活時代に神頼みする際は重宝しました。

そういえば昔出雲大社に行くときに千円札を五円玉に両替え?してもらったことがあったなぁ。

趣味で五円玉を集めてるパートさんがいてはったので替えてもらったのです。紐に通してジャラジャラと200枚くらい持っていきましたね。重かった。

その甲斐あって当時付き合っていた彼氏と無事…別れました‼️

出雲大社の神様は縁結びの力がすごいので、「コイツら縁がないな」と思ったら容赦なくぶった斬らはるとか。お陰様で今の夫はんがあるのですが 笑

これからも、ぼちぼち小銭とお付き合い

話はそれましたが、小銭といえば「重い」「出すのが面倒」といったデメリットが強調されやすいように思います。

しかし私はその重みこそが、本来のお金の重み=ありがたみだと考えています。

キャッシュレスは小銭がかさばらなくていいし、ポイントもゲットできてお得だけれど、ペラペラのお財布をみては少し寂しい気持ちになるのもまた正直なところです。

なのであまり多いと確かに重いけど、少しはお財布にいててほしいなぁと思うワガママな小銭愛を持っていたり。

それにいざって時は十円玉とかマイナスドライバーの代わりになったりしますしね!(本来の用途と違う)

これからも主にはキャッシュレス生活を進めていくつもりですが、ある程度は現金も手元に置いておく予定です。災害時などの緊急事態にはやっぱり現金が強いですし。

また気が向いたら500円玉貯金、再開しようかな〜。次があるとしたらはんたまちゃんと、お金の勉強をしながら貯めようかな。そうしよう。

ほなまた次回、お会いしましょう〜♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

京都の片隅に住むミドル30代。ヒゲの素敵な夫と息子と暮らしています。
好きなものはバイクと銭湯、古民家。将来の夢はピンクのスーパーカブでお遍路さんを廻ること。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる