手帳と私

ふと手元の手帳を開く私。

「なんてことだ…新年になってから手帳を開いていない!

京都の片隅からこんばんは、ぽっぽです。昨年の10月に購入、12月から使いだし予定を書き込むのを楽しみにしていたはずの手帳…しかし気づけば新年になってから全く開いていないことが発覚。これはいかーーん!!

目次

再び手帳を購入するきっかけと有効活用

もともと日記をつけていたように、私は何かを書くのが好きでした。手帳も例にもれず、学生時代から社会人になっても事あるごとに購入しては予定を書き込んでいました。

しかし長続きした試しがない!

そもそも覚えられるくらいしか予定はないし、仕事もルーティンワークなので特に書くような内容もない。正直手帳にわざわざ書くことがないのです。

「手帳の有効な使い方」的な本を買って読んだこともありました。でも「こんな風につけられたらかっこいいな〜」と思うだけで実現はしませんでした…。

それが変わったのは2年前。手帳好きな同僚の方の勧めもあって久しぶりに手帳を購入。当時長期出張で遠方に行くこともあり、準備の段取りや今後の予定を立てるために重宝しました。
手帳を使う楽しさに若干目覚めた私は昔読んだ手帳の本の内容を思い出し、もっと有効活用したいと考えるようになりました。ざっくりいうと

・自分の予定や仕事、家族の予定を把握する
・将来に向けてどうなりたいかをイメージしてそれに近づく努力をする

という感じです。

自分の予定としては遊びだけでなく、今後は出産に向けてやることが山盛り!検診に保育園見学に書類の申請に…めっちゃあるやん(泣)。こういったことも手帳に書いておけば忘れないはず!しっかり予定を管理して抜けがないようにしないと。

2番目が今回一番大きく変わったところかもしれません。結婚してからというもの、夫はんの影響でお金の勉強に興味を持ち始めました。そこでまず「簿記3級を取ろう!」と思い立ったわけです。

やり出すまでは遅いがやり出したら早いタイプの私。さっそく受験日を決めてそれから逆算して勉強する日々が始まりました。

今回は不合格でしたが、「いつまでにどうなりたい。だからこれからこうして行こう」という考えも手帳に書いて行くと「やらなきゃ!」という感じになり、頭の中も整理されるのでよかったと思います。

それぞれの手帳と今後について

ここ3年ほどの手帳。実はそれぞれ中身が違います。

初代手帳(2019)。欲しいブランドのものが売ってなかったため適当に購入。本当は月毎の予定と日毎の予定を書くところがセットのものがよかった…。一日の予定を書くスペースが多いのは○。

2代目手帳(2020)。欲しかったノルティ♪月毎と日毎の予定を書くところがセットになってるのが◎!インデックスが付いているのも見やすくて満足。ただバーチカル仕様じゃなくてよかったかも…。

3代目手帳(2021)。やっぱりノルティ。安定のロフト限定バージョン(*^^*)
これを見つけた時「これぞ理想の手帳やー!」と勝手に運命の出会いを感じましたね。
初代、2代目の難を全てクリアした素晴らしき仕様…。書き込むスペースもたくさんあって、特にこれから書くことが増えそうな私にぴったりではないか!今までより若干サイズが大きいが許容範囲内!

こんなに運命感じといてしばらく放置でゴメンナサイ。今日からまたぼちぼち書いていきます。
この手帳が使い終わる頃には簿記に受かって子どもが生まれて、積み立てNISAあたりでもやってる…といいなあ〜。

ほなまた明日、お会いしましょう〜♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

京都の片隅に住むミドル30代。ヒゲの素敵な夫と息子と暮らしています。
好きなものはバイクと銭湯、古民家。将来の夢はピンクのスーパーカブでお遍路さんを廻ること。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる