我が心のバイブル

昨年末にブログを始めてから毎日更新!を目指していたのに…疲れからついに一日空けてしまった…

「なんてこった…こんな意思の弱いことじゃこの先続かないのでは?」
と自責の念から腹を切りそうになった私の脳内にある考えがひらめく。

※切腹をする侍と介錯人

「いや待てよ。あの静六さんかって毎日一頁の原稿執筆を日課にしてたけど、書けない時は後から倍にして書いてたやん!」と。

京都の片隅からこんにちは、ぽっぽです。冒頭から「静六さんて誰だよ」ってなってますが、とりあえず腹を切らずにすみました。

目次

私の運命を変えた?一冊

ここでいう静六さんとは本多静六氏のことで、知る人ぞ知る伝説の億万長者です。(私は知りませんでしたが…)貧しい農民から苦心して巨万の富を築いた方で、私は敬意を込めて「静六さん」と勝手に呼んでおります。

ふとしたきっかけでこの方のことを知り、「私の財産告白」という本を買って読むようになりました。

私は普段本を読む、といっても小説やエッセイばかりで実用書というものはあまり読みません。正直この本も「どーせなんかムツカシイことが書いてあるんやろ〜」くらいに思っていました。

ところが読み始めるとこれがなかなかどーしておもしろい!!

語り口は明朗解決、バシバシ言いたいことを簡潔にわかりやすく書かれていて私の考えに合う部分が多く夢中になって読みました。

本多氏流財産の築き方に学ぶ

まず1番に共感したのは「財産を築くには一にも二にもまずお金を貯める」というところでした。お金がないならないなりに、給料の四分の一を天引きして貯めなさい」と本多氏は説いています。

私も元々月に最低でも二万ほど天引きして貯金していました。四分の一もなかったですが、「天引き貯金」という方法は合ってたんだ!と嬉しくなりました。博打のように一気に稼ぐ方法を教えるのではなく、地道に元手となる資金を貯めなさいという考えには大いに共感できます。

今や夫婦でこの「四分の一貯金方法」を実践していて、それなりに貯まってきています。

他にも本職の他にアルバイトを勧めています。いわゆる副業ですね。本多氏は本職は大学の先生でしたが、それに加えて本を書いたり民間事業者の相談役などもしておられたようです。本の執筆なんかは日を空けたら空けた分だけ倍々にして追いつき、そのうちあらかじめ書き溜めまでしておられます(!)

私がこのブログを始めようと思ったのも副業をやってみたいと考えたからでした。本職は本職でしっかりと仕事をしつつ、それにプラスして自分で稼げる手段を持っておこうということですね。

本多氏はここから投資や上手なお金の使い方についても説いていますが、それはこれから私もぜひやっていきたいなあと思っている部分です。元手となる資金を貯めたり稼げるようになったら次は積立てNISAとかインデックス投資とかでお金を増やす、ということに興味があります。こうして少しずつステップを踏みながら少しでもこの本に書かれているように豊かな充実した生活を送れるようになりたいですね♪

おまけの楽しみ

今年の大河ドラマは本の中にも出てくる「渋沢栄一氏」が主役!しかも吉沢亮が演じるとな…!!もうずっと前から「絶対観るーー!!!」と豪語するほど楽しみにしております。(特に吉沢くんの熱烈なファンではないですが。だって顔がいいんだもん)

渋沢氏は「日本資本主義の父」と言われているそうですが、観たらもっと日本の資本主義の歴史に興味が持てるでしょうか。大河を観るのは十数年振りですが、観たらまたここに吉沢くんへの想いを…いえドラマについての感想を書きたいと思います!

ほなまた次回!お会いしましょう〜♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

京都の片隅に住むミドル30代。ヒゲの素敵な夫と息子と暮らしています。
好きなものはバイクと銭湯、古民家。将来の夢はピンクのスーパーカブでお遍路さんを廻ること。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる