寒〜い冬の日には

「お鍋はやっぱりキムチ鍋やんな!いや待てよ、最近中華系ばっか食べてんな…。ここはちゃんこにするかトマト鍋にするか、はたまたカレー鍋にするか。むむむ…。」

京都の片隅からこんばんは、ぽっぽです。今日は仕事が遅くなってしまったので、急きょ晩ご飯はお鍋にしました。スーパーに寄ったら偶然同じく遅くなった夫はんとばったり。ちょうどよかった、荷物を持っておくれ(^^;)

冒頭部分で散々悩んだふりをしながらあっさりと決まりました。モランボンのゆず醤油味。スープと具材をたっぷり買い込んでいざ調理!ゆずの香りが食欲をそそる〜♪アッサリめで仕事で疲れたお腹に優しいですね。シメはうどんで最後まで美味しくいただきました。

お鍋のスープは結婚してから買うようになりました。独身時代はなんとなく「邪道や(?)」と思っていたのですがいざ試してみると「美味しいやん!」と感動。いろんな味を手軽に楽しめるのが魅力ですね。各メーカーによっても味が違うのも面白いです。

実家でお鍋をする時はカセットコンロに土鍋でした。白菜、春菊、人参、きのこ…とたくさんの野菜とお肉を入れるのが定番。こんぶとかつお出汁のシンプルな味付けで、私はポン酢で食べるのが大好きでした。

次の日の朝、ご飯を入れて雑炊にして食べるのも楽しみでその時だけ早起きしてたような気も…。

目次

歴代お鍋の味

お鍋は出汁から作るのも好きです。特にこだわりはありませんがポン酢が好きなので、むしろポン酢を食べたいがためだけに味付けは昆布だけ等シンプルめにすることが多いです。

キャベツを大量消費したくてモツ鍋に挑戦したこともありました。近所のスーパーになかなかモツがなく、やっとの思いで冷凍の豚のモツの袋をゲット。何も考えずそのまま丸ごと鍋の中にドボン。「よっしゃこれであとは煮込むだけ〜カンタン、カンタン♪」

     (十数分後〜)

「なんやこれ」

なんとそこには表面だけ茹で上がり、中身は凍ったままのモツの塊ができあがっていたのです!

今更どうすることもできず、泣く泣くお箸で一枚ずつはがして茹でた思ひ出が…。そういえばあれ以来モツ鍋作ってないわ。

あとは一時期水炊きにハマっていた時もありました。昆布で出汁をとり、お酒でコクを出す。そして何と言っても使う鶏肉は骨つきモモ肉のブツ切り!骨からいいお出汁が出るのです。アクを丁寧に取り除いたら硬めの野菜からゆでていきます。

あとはお好みで野菜を追加して完成。シンプルながら鶏のいいお味が沁みる〜(^o^)
たっぷり野菜も食べられて部屋も体も温まる。洗い物も少ないしお鍋って良いことづくめですね♪

土鍋を買って鍋パーティーがしたい!

今欲しいのは土鍋です!3〜4人分の具材が入るくらいの。たまに雑貨屋さんやホームセンターで土鍋コーナーを覗くも未だ購入には至っていません。まずどこにしまおう…と思ってしまうからです。

そんなこんなで悩むこと早や数年。良い加減収納場所を空けて土鍋を置きたいものです。どんな土鍋がいいかな?可愛いのもいいし、焼き物感溢れるものも渋くていいなあ。もちろんガスコンロも買って友達や家族を呼んで鍋パーティーがしたい!みんなでワイワイお鍋を囲んだら楽しいやろな〜♪

それまでにはもうちょっとスープのレパートリーを増やさなきゃ。この冬はいろんなお鍋の味を試して最高のお鍋を作れるようになるぞ!モツ鍋もまた近いうちにリベンジ…できたらしたいですね(ーー;)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

京都の片隅に住むミドル30代。ヒゲの素敵な夫と息子と暮らしています。
好きなものはバイクと銭湯、古民家。将来の夢はピンクのスーパーカブでお遍路さんを廻ること。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる