ふるさと納税で美味しいものを食べる♪

今日の晩ご飯は夫はん特製のハンバーグ♡

…ではなく、ふるさと納税の返礼品で貰ったハンバーグです。肉汁が滲み出てふっくら柔らかくてジューシー!!ついついご飯が進んでしまう 笑

京都の片隅からこんばんは、ぽっぽです。ふるさと納税のおかげでこんな美味しいものが食べられるとは。しかしふるさと納税って何ぞや?あんまり知らないですなあ。

目次

ふるさと納税って?

CM等で名前くらいは聞いたことがありますが、ふるさと納税とは簡単に言うと

・自治体に寄付すると実質負担2000円で返礼品がもらえる
・「節税」と言うより厳密にいえば税金自体を減らすわけではなく「寄付」と言う名の税金の先払  いに近いもの

というものらしく、2000円分以上の返礼品がもらえる=実質節税、という考えになるそうです。
まあ普通に納税したらただお金が出て行くだけなので、返礼品にお米などをもらえばその分食費が浮く計算になりますね。

寄付する自治体も自分の出身地に限らず全国の自治体にできるので、自分が好きだったり応援したい所に寄付ができます。

また「返礼品」という形のあるものだけでなく、まちづくりや復興支援といった使い道を指定できる自治体もあるので、社会貢献にも役立ちそうですね。

夫はんはこの仕組みを知ってから長いこと寝かせていたそうですが、ついに昨年末挑戦しておられました。ふむふむ、食べ物だけじゃなくて特産の工業製品なんかもあるのね。マイクロバブルシャワーヘッドって!

うーん、私も真似してついに重い腰をあげる時が来たか…。

ふるさと納税3ステップ

ふるさと納税には3つのステップがあります。

1.控除の限度額の確認

控除される金額の上限は年収や家族構成によって変わってきます。ネットで簡単にシミュレーションシミュレーションできるとのことなので、さっそくやってみましょう!私の場合

(給与所得)¥3,000,000で(共働き)なので¥27,000 が限度額

という計算になりました。給与所得は大体でいいそうなので、ここではざっくりとした数値を出しておきます。

2.寄付する自治体を選んで申し込む

申し込みはインターネットで簡単にできます。試しに「ふるさと納税 サイト」で検索したらたくさんのふるさと納税紹介サイトが見つかりました。ランキングで選ぶもよし、自分の持っているクレカで選ぶもよし(決済はクレカでも可なので)、という感じでしょうか。これは色々見てみたいですなあ。

3.控除手続きをする

寄附金控除の申請には「ワンストップ特例制度」「確定申告」の2つの方法があります。

「ワンストップ特例」は寄付先の自治体に申込書を送る方法で、確定申告なしで控除が受けられます。
「確定申告」はふるさと納税をすると発行される受領証を提出します。

年間の寄付先の数だったり給与所得の関係によってもどちらを選ぶかが違うようなので、これも要チェックですね〜。

いざ、ふるさと納税初挑戦?

いや〜正直「ふるさと納税なんてやり方わからんしめんどくさいわ〜」と思っていました。

が!!調べてみるとそんなにむつかしくなさそうだし、何よりこれを機に全国の美味しいものがお得に食べられるということに気づいてしまいました(^^;)

実際夫はんがゲットした返礼品は名産のソーセージや餃子、野菜やおやつといったものがありました。どれもこの制度を利用してなければ味わう機会がなかったかも?

よーし今年は私も挑戦してみるぞ!食べ物もいいけど生活に役立つものもいいなあ。災害支援や医療対策支援にも興味があります。自分のお金がこうして誰かの何かの役に立つのを実感できるのも魅力の一つかもしれませんね。

いつか寄付先の自治体を訪ねて自分の目でどんな所なのか見てみたい!そんなことも考えてみたりして。

ほなまた明日、お会いしましょう〜♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

京都の片隅に住むミドル30代。ヒゲの素敵な夫と息子と暮らしています。
好きなものはバイクと銭湯、古民家。将来の夢はピンクのスーパーカブでお遍路さんを廻ること。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる